トップページ > 技術部について > 技術主監からのご挨拶

技術主監からのご挨拶 2017.04.28更新

工学研究科・技術主監 伊達道 淳

技術主監写真

平成29年4月1日より工学研究科技術部技術主監に就任いたしました伊達道 淳です。技術主監就任にあたり一言ご挨拶申し上げます。
 工学研究科技術部では、教育・研究支援とともに、安全衛生、広報・情報システム関連、工学研究科をアピールするイベント活動など、工学研究科に共通する技術支援を中心に、様々な業務を展開しております。
 教育・研究支援では、これまでの支援業務に加え、若手の技術職員を中心に、学生の皆さんや教員の方々との交流を図りながら、ニーズに応じた横断的な支援業務の場の実現を目指しています。一方、中堅・ベテラン層には、将来を担う若手技術職員への技術の継承と適切な指導をお願いしており、工学研究科に貢献する人材育成にも力を入れております。
 安全衛生関連では、工学研究科に保管されているPCB含有機器について、事務組織と連携を図りながら完全廃棄に向けた準備を進めております。また、近年、高圧ガスボンベの保管やエックス線発生装置等の管理に関する技術支援も開始しており、資格を要する支援業務につきましても要請に応じて適宜対応しております。工学研究科の春季安全講習会としてすっかり定着してきました各種安全講習会につきましては、引き続き、受講者の方々のご意見を伺いながら、常に教育・研究現場の安全保全に役立つよう努力いたします。
 広報・情報システム関連では、技術部発足当初よりこの分野への強い支援要請があり、各種プログラムの構築や共通施設のホームページ作成・運用支援など、技術部業務として数多くの実績を重ねてきております。
 平成27年度、工学研究科技術部は、個々の技術力に加え、より強固な組織力を備えた新しい技術部組織となりました。そして、教員組織・事務組織とともに工学研究科を支える3本柱のひとつとして、その役割に大きな期待が寄せられております。本学工学研究科の皆様方には、技術部組織に対し、より一層のご理解とご指導、ご鞭撻を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 2007-2015 大阪大学工学研究科技術部 All Rights Reserved.